農林業問題研究に報告論文が掲載されました

農林業問題研究2021 年 57 巻 4 号(12月発行)に下記の個別報告論文が掲載(web公開)となりました。

「中山間地域での企業参入による経営耕地面積の拡大要件
―兵庫県養父市における農外参入企業11社への聞き取り調査より―」

衛藤 彬史, 衣笠 智子, 安田 公治

【要旨】
本研究では近年養父市に参入した企業11社を対象に、参入企業が農地集積を可能にする要件を明らかにすることを目指した。
聞き取りは各企業の代表者に対して、農業経営の実態、経営面積の拡大に対する意向等について尋ねた。

参入後に経営面積を拡大している企業参入の要件は、営農形態が水稲であることであり、また大規模経営においてさらなる規模拡大を可能にする要件は、維持管理作業に対する地元住民の作業協力があることであると結論づけた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。